ITガジェット-blog

アプリやガジェット・便利グッズについて紹介するブログです。

最新 iPhone XS/XR 保護アイテム紹介

f:id:ahiru_c:20181217201657j:plain

今回は最新モデルのiPhone XS / XR の装着する保護グッズ関係についておすすめ商品を紹介していこうと思います。

 

はじめに

最新のiPhone XS / XR はやはり質感も良く、できればこのまま使いたいけど傷が心配という方が多いのではないでしょうか。そこで今回はiPhoneの素材感そのままに保護することができるアイテムを集めてみました。

〇バンパーケース

◇まずはやはり大きく印象を左右するケースからです。全面と背面にガラスフィルムを張る場合はこちらのバンパータイプのケースになります。アルミ製なので高級感もありiPhoneを素で持っている感じと同じツルツルとした肌触りに仕上げてあります。また、こちらのバンパーは背面の角が少し立った形状をしており、テーブルなどにスマホを置いた際に背面が傷つかないように守ってくれるので非常におすすめの商品です。

 

〇ガラスフィルム

 ◇続いてガラスフィルムはこちらの全面保護タイプをご紹介します。上で紹介したDeffのバンパーは全面ガラスでも干渉しないようしっかりと考えられています。なので全面保護でき、さらに顔認証センサーの誤認を気にすることなく貼れるこちらのガラスフィルムがおすすめです。値段もお手頃で2枚入っていますので、万が一割れたりホコリが入った場合でも安心です!

 

〇背面ガラスフィルム

 

 ◇やはり今回のiPhoneの素材感を重視するときに一番使用したいのが背面ガラスですね。これを貼ることでiPhoneにケースをつけていないかのような感覚にグッと近くなります。少し落とした場合も全面につけているガラス同様に、代わりに割れることで本体を守ってくれます。レンズ部分を避けるように切り込みが入ったタイプが多い中、こちらはしっかりと全面を保護し、値段も低価格なのでおすすめです。

 

〇カメラレンズフィルム

 ◇iPhoneXよりカメラの大きさが増し、さらに出っ張っていることもあり心配な方はこちらのアイテムで保護することをおすすめします。出っ張っている分やはり背面ガラスフィルムより先に触れてしまうので小さな傷など付きやすい部分になっています。こちらのカメラフィルムは透過率も高く撮影に影響しませんし、硬度も全面・背面と同レベルのものですので安心できます。

 

 最後に

今回の記事の内容からは少しズレてしまいますが、背面ガラスの上からバンカーリングを張ることで直接接する面がなくなるため割れる確率を下げることができます。また、スタンドとしても機能するので大変便利です。

ただ難点として一つ、男の方はよくポケットにスマホを入れますが、このバンカーリングの装着で私自身ポケットによく引っかかり入れずらい時があります。できるだけ薄型のモノを見つけましょう!笑

 ◇こちらは私が見た中で一番薄いタイプです。良ければ見てみてください!